機械研究部の紹介

◆ここでは、機械研究部の活動内容の紹介とこれまでの実績などについてご紹介します。

kenkyuubu2

3年生とそのマシン

平成28年度 マイレッジ鈴鹿大会

毎年恒例、マイレッジ鈴鹿大会へ2台参加してきました。今年は天気に恵まれず、鈴鹿サーキットはあいにくの天候での大会となりました。

平成26年度 マイレッジ鈴鹿大会

6月1日:マイレッジ鈴鹿大会

待ちに待った平成26年度の初戦、舞台はF1グランプリが行われる鈴鹿サーキットです。この大会は、例年2年と3年の2台のマシンでの参戦となります。昨年の秋から新たなマシンの製作に入り、昨年の反省点に改良を加え、またさらに新しい技術を追加しマシンを作り上げてきました。
今年は、めずらしく天候にも恵まれ久々のドライコンディションでのレースとなりました。コース、パドックとも、F1レースが使用しているところをそのまま利用するので、まさに、気分は「F1チーム」そのものです。
結果は、3年生のマシンが38台中13位に入りました。2年生のマシンは途中無念のリタイヤでした。全国から参加者が集まるこの大会は、機械研究部にとっては晴れの舞台です。来年は10位以内に入れるようにがんばりたい。

kenkyuubu4

スタートを待つマシン

11月2日:エコノパワー in GIFU

今年度の第2戦となるレースは、岐阜県の中日本自動車短期大学が主催するエコノパワー in GIFUです。6月の大会からさらにマシンに改良を加え、熟成させてきました。
この大会は、1年生チームのマシンのデビュー戦となります。入学してから先輩にいろいろな技術や知識を教えてもらいながら、やっと完成したマシンでのドキドキの初参戦!。
結果は、39台中3年生のマシンが10位、2年生のマシンが無念のリタイヤ、1年生のマシンはなんと16位と結果を刻みました。
3年生にとってはこの大会がラストレース。生徒自らの”手”で、自らの”頭”で、自らの”目・耳”で取り組んだ経験は佐織工業高校・機械研究部のよき伝統としてこれからも受け継がれていくでしょう。