botan2  施設・設備の紹介
佐織工業高校・機械科で使用する工作機械や実習装置・施設などについて紹介します。

1.工作機械の紹介

 ・六尺旋盤

六尺旋盤

技能五輪の指定機種にもなっている旋盤で平成25年度に導入されました。通常の旋盤よりも回転速度が速く機械も大きいので大きな材料を加工することができます。

 ・マシニングセンタ

マシニング

平成26年12月に新たに導入されたのがこのマシニングセンタ。NCプログラムを入力し精度の高い加工ができます。CAD図面とデータを転送しそれを加工することが出来ます。3年生の実習で使います。

 ・ホブ盤

ホブ盤

歯車を作る工作機械です。ホブと呼ばれる刃物を回転させながら歯切り加工を行います。二年生の実習で使います。

 ・レーザー加工機

レーザー

アームの先端からレーザーを出して薄板を加工する機械です。アームロボットを切断箇所に沿って動くようプログラミングして動かします。